正ちゃんがこんなに美味だとは知らなかったのです!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2-7
2008-04-15 Tue 08:03
 翌日、磬鸞は鍬を時折右手に持って自分の右手が生身であるようイメージを抱きながら耕せるように努力するようになった。はじめは僅かに反応するだけであったが次第に弱い力で動くようになってきた。それでも日常生活には足りるものではなかったが、重りをぶら下げているだけの事を思えば幾分ましとも言えた。だが、余程集中しない事にはその僅かな力も出せず、いつも動かせるとは限らなかった。
「良かったですね…。」
朱梛は静かにそれでいてまるで自分の事のように喜んでいた。その夜、朱梛は何か祝いのものを採りに行くと言い残し出かけていた。しかし幾ばくかの時が過ぎても朱梛は戻らなかった。辺りは暗闇に覆われ、星明かりが僅かに辺りを照らすだけだった。それでも磬鸞はただ走っていた。当ても無く走るという事は磬鸞にあの夜を無意識に思い起こさせた。一瞬身震いをするがそれでも意識を集中し、朱梛の存在を手繰ろうとする。気付けば桃花源の外れ近くの沼の辺りまで走っていた。星明かりも差さず、周囲は真っ暗だった。その瞬間、ほんの刹那の刻だけ朱梛の存在を感じる事ができた。その先には、四つの光るものがあった。その光るものは磬鸞が近づく事で狼と虎の頭だと解った。胴体は一つに二つの頭を持つその獣は沼のほとりで何かを探しているようだった。
「磬鸞さん、こっちへ来ては駄目です!この窮奇は私達に叶う相手ではありません!」
沼のほとりの傾斜の大木の側で朱梛は踞って叫んだ。窮奇と呼ばれるその化生は磬鸞の気配に気付き磬鸞に向かって毒気の息を吐き出した。鼻腔と喉に僅かな痺れを感じ磬鸞は息を止め朱梛向かって疾駆し朱梛を抱きかかえた。
「来ては駄目だと言ったのに…、磬鸞さん、これを。」
そう言って朱梛は袋に入った紫水晶と黒水晶を取り出し手渡す。
「黒水晶は僅かではありますが毒気を緩和します。これで少しは呼吸がましにはなるはずです。紫水晶は窮奇が嫌うものの一つなのですが…。」
確かに幾分か痺れるような香りが薄らいだような気がした。そして窮奇は数歩の距離から朱梛の方へ近づけずにいるらしく、じっと朱梛を逃がさぬように睨みながら低く唸り、激しい殺気を向けていた。
「これは、身動きできないな。」
そう磬鸞が呟く。朱梛の足首には酷い鬱血と少しの流血が見てとれた。これが今まで喰われる事もなく、帰還もままならなかった理由だと把握できた。
「仮に走って逃げたとして、庵まで追いかけてくる事はないのか?」
朱梛の足首に布切れを巻き付けながら尋ねた。
「それはないと思います…、窮奇をはじめとした陰気の化生は陽気の多い所は嫌うはずですから、この桃花源の外れから出ることが出来ればそれ以上は追いかけては来ないと思います。ただ…、今は夜の刻ですからなんとも…。」
朱梛は紅い頬をさらに紅く耳まで染め上げて言った。
「よし、しっかり俺におぶさってくれ。右手はそんなに支える事がまだ出来ないからな。」
額からの汗が少し頬を伝いながら磬鸞は今来た道をしっかり見据えながら呟く。毒気が少し身体を侵してきたのだろうか、頭の片隅に霞がかかったような感覚に襲われる。
「いくぞ!」
朱梛は磬鸞の首にしっかりと腕を絡め、目を閉じた。磬鸞は鍛えられた両足を一回り太く誇張させ激しく走りだした。そして速度が乗ると今度はしなやかに足を使い猛烈な速さで駆けていった。窮奇は久方振りにありつけたと思った獲物が自分の苦手とするモノを持っているために近づけず、そしてその獲物がまた逃げようとする事に激しい怒りを感じていた。窮奇は大柄な体躯からは信じられないような速さで追いかけてくる。
「磬鸞さん、来てます!」
「わかっている! この辺りに深い水場か岩山は無いのか?」
荒れた木々を素早くかわしながら磬鸞は聞いた。
「右手に進むと湖があるはずです!」
磬鸞は返事代わりに右手に進路を傾けひたすらに走り続ける。数分ほど進んだ所で湖が見えた。咄嗟に磬鸞は湖手前で飛躍し激しく地面に転がる。その後を追いかける窮奇は見失った獲物に目先を無くし、まっすぐ湖に飛び込んで行った。雨のような大きな飛沫をあげながら窮奇が沈む。
「今の間に逃げよう。」
朱梛は少し涙目で頷くと磬鸞にまたおぶさる。磬鸞は疲れを見せる事なくまた必死で駆けだした。

スポンサーサイト
別窓 | ノベルズ | コメント:0 | トラックバック:0
2-6
2008-04-09 Wed 20:27
 憬惺の住む庵に戻った時、丁度憬惺が竹を薄く削ったものを束ねた書簡を眉間に皺を寄せて読んでいた。困ったような顔をしてはいるが、いささか微笑んでいるようにも見える。
「先生、出仕の要請ですか?」
慣れた手つきで茶を煎れながら朱梛は訪ねた。
「うむ、まーた猿の小僧が天界で悪さをしているのでなんとかして欲しいんだと。」
「あらあら、困ったものですね。きっと寂しいんですよ。」
朱梛はそう言うとくすりと笑った。
「そんなに和やかな話なんですか?」
磬鸞は朱梛に出された茶を飲みながら聞いた。
「うむ、岩から産まれただけに愛を知らず、情も知らぬ。故に暴れ寂しさを紛らわせているようにも思えるの…、しかし天界の神仙が手を焼くとは困ったもんじゃのう…。」
そう言うと憬惺はじっと磬鸞を見つめると、
「仕方がない。儂はしばらく行って仕置きして来るかの…、お主、どうしても儂に術を教わりたいと言う気持ちは変わらぬのか?」
「はい。人に仇なす化生を全て滅するのが私の願いですから――。」
磬鸞は真っ直ぐな瞳で憬惺の瞳を見つめた。
「恩讐の為では無いと言うのだな?」
「それは――、まだ解りません。」
憬惺は片眉を上げながら溜息を一つついて、
「仕方ないの…、では、儂が留守の間に二つの事をやってみせよ。一つは義手を動かせるようになること。もう一つは――、お主の生について証明して見せよ。」
憬惺はそう言うと白眉を撫でながら外に出ていった。磬鸞は後を追おうとしたが姿は何処にも見あたらなかった。自らの生について証明せよ、とはどういう事なのか。磬鸞は主無き庵にて立ち尽くしていた。

 桃花源は広くあったが、ほんの小さな菜園が憬惺らの手によって整えられていた。磬鸞はその菜園を慣れぬ手つきで耕し、いくつかの菜を採り日々の糧とする事にした。持ち帰った菜は何時の間にか朱梛が料理してくれていた。
「まだ、動きませんか――?」
汁を椀に注ぎながら朱梛は磬鸞に聞いた。
「動かないな。どうすれば動かせる事ができるのか…。」
左手で椀を受け取り独り言のように尋ねた。
「以前先生に聞いた事があるのですが、人間というのは幽世と現世の両方の存在だと言われています。現世の存在を投射したイメージを幽世の姿に持つのだそうですが、逆に幽世の存在が逆に現身に影響を与える事もあるそうです。例えば磬鸞さんが幽世の存在で右手が『存在』するものであると認識できれば動かせる事ができるかもしれませんね…。」
朱梛がそう磬鸞に言うと汁椀を置き考えていた。
「その逆もあるように幽体が傷つけばその箇所になんらかの問題が出るらしいですし、幽体が死ねば現身も死ぬ事すらあるそうですから…。」
なるほど、と磬鸞は菜を口へ運びながら頷いた。囲炉裏の炎が僅かに朱梛を顔を照らしその桃色の顔がより一層紅みを増して見えた。
「どうして、君はそんなに俺に良くしてくれるんだい?」
磬鸞は食べることを止め朱梛をじっと見つめた。
「どうして――、ですか? あまり深く考えた事なんてないですよ。私が貴方の為に出来る事をする。その事に理由は必要ですか?」
磬鸞は理解出来なかったが、一つの事を思いだした。かつて自分が嫣舜に対してそうであったように、誰かに何かをする、という事が喜びであったと。
 炎は変わらずにゆらゆらと薄く揺れていた。
別窓 | ノベルズ | コメント:0 | トラックバック:0
2-5
2008-03-20 Thu 20:06
 翌日、憬惺が木製の義手を男に取り付ける事にした。ようやく右手の傷からの出血が収まりつつあったからだった。
「どうかね? 動かせるかね? 」
「先生…、それはいくらなんでも無茶じゃ…。」
朱梛が半ば呆れた表情で憬惺の所作を見守っていた。
「霊木と符で拵えてあるから使えるようになれば普通の手と変わらず動かす事が出来る。尤も、出来ればの話だがの。」
作業を終えた憬惺は徳利から酒を湯飲みに注ぎながら言う。
「もう歩けるんじゃろう? ならちょっとは外の空気と日光にでも当たって来たらどうかね。流石に四六時中辛気くさい顔されると困るな。――朱梛、着いていってやりなさい。」「はい、先生行ってきますね。」
そう言うと朱梛は押し黙った男を連れて小屋の外に出て行った。

「この場所では時間の流れが現世とは違うのですよ。実にゆるやかに時が流れるので迷い込まれた人は数年でも現世では数十年ですから…、大変な事になる人もおられるようで…。」
朱梛は必死に男に様々な事を語って気を紛らわせようとするが、表情は暗いままだった。「自分は若いままで他の人が歳を重ねてしまうと…、悲しいですよね。」
朱梛がそういう話題になった時、男の歩みが止まった。
「例えば――、例えば自分の想った相手が自分を置いて逝ってしまうとして――、君ならどうする?」
朱梛も歩みを止め、数歩男に近づくと少し男を見つめて考えた後で、
「私なら、その方がもう一度この世に生を受けるまで待ちます。もし、自分の肉体と言う入れ物が滅んでも太極に戻りまた生を受けるものですから。そして私も逝くとしても何時か必ずその方と一緒になります。」
まっすぐな瞳で男を見つめながら言う。
「でも――、精霊の身では現世で人と繋がりを持つ事は叶いませんし、人になる事も出来ませんがね…。」
そう言うと朱梛の表情はにわかに曇った。
「そう言えば…、貴方のお名前を聞いた事無かったですね。教えて頂けないですか?」
少し男を上目遣いで見ながら朱梛は言う。
「――、磬鸞と呼んでくれ…。」
「磬鸞…、変わったお名前ですね。」
「字だよ。君が桃花源で俺を見付けた時、確かに俺は死んだ。嫣舜を愛し、ただそれだけを夢見てた男は死んだんだ――。磬鸞というのは天子であっても俺の復讐の気持ちは変わらない。そういう意味なんだ。」
朱梛は磬鸞の言う意味が解らなくも無かったが、磬鸞の発する激しい感情の流れに言葉が出なかった。
「磬鸞…さん。恨みや憎しみの気持ちは解ります。ただ…、憎しみからは何も生まれはしませんし、亡くなった方たちはそんな事は望んでいないと思います。」
細い目尻から涙を浮かべながら朱梛はそう言った。
「解ってるさ…、でも焼き付いているんだよ――。とても言葉にできないようなあの光景がね。目を閉じればその光景が離れられないんだ。」
そう言うと磬鸞は悲しい笑顔を朱梛に見せた。朱梛はまるで胸を締め付けられているような感覚に襲われた。
「そう言えば…、君は他の精霊とは少し違うような気がするね。他の精霊達は奔放に歌い踊るように見えていたんだが…、好きなのかい…?」
「あっ、はい! 仙術とは真理に近づく為の学問ですから…、楽しいですよ!」
朱梛は我に返ってそう答えた。
「はは…、真理か…、そんな事考えた事はなかったな。ただ…、寒さに凍えず、飢えず、幸せに暮らす事を願う事しか思い付かなかったよ。」
「そうですか…、でも真理に通じるものとは、あらゆる学問に繋がるものなのですよ。」
「なるほど…、憬惺師とは、どういう方なんだい?」
「先生は元は天界の軍師だったと聞いています。知識は医術から宿曜まで幅広く、今でも並ぶもの無し、ともされているそうで…。」
朱梛はまるで自分の事かのように誇らしげに熱く語った。
「やはり、憬惺師に教えを請うより道はなさそうだな…。」
そう磬鸞は独り呟いた。
そうして二人はまた歩きだしたが朱梛は必死に憬惺の逸話をなにやら語り続けている。桃の並木が咲き乱れ、白い花吹雪がざあっと辺りを舞っていた。朱梛が並木の根に足を引っかけ、そのまま磬鸞の背にもたれかかるようにして倒れ込んでしまった。
「あう…、すいません。」
「いいさ…。」
改めて人の温もりに触れる事で朱梛の中にはそれまで感じた事の無い感情が芽生えていたが、朱梛はその事に気付いてはいなかった。小鳥の声が騒がしくなく、そして静かに辺りに聞こえていた。
2-5の続きを読む
別窓 | ノベルズ | コメント:0 | トラックバック:0
2-4
2008-03-14 Fri 18:22
「ずっと…、眠ってますね…。」
黒い髪を後で団子のように纏めている少女がぽつりと呟く。
「流れた血の量が多すぎるからの…、ま、どうしてこんな男を拾ってきたのやら…。」
小兵の老人が豊かに蓄えた髭を触りながら呟く。
「それは…、何やら訳ありのようですし…、何よりも未練や怨念を持って亡くなった人間は成仏できずに彷徨うのでしょう? それはあまりに不憫なので…。」
囲炉裏の側で座っていた少女は膝の上に置いた手を握りしめながら言った。
「ま、今は辛うじて命を繋いでおるがどうなるか解らん。
 それに――、それに生き延びた所でこの男はどうするのかの。」
湯飲みに入った酒を大いに呷りながら老人は言った。


男は自らの希望を反映した夢の中に居た。故郷に戻ればそこに幸福が待っているはずだった。嫣舜との慎まやかな結婚の宴――。しかし、その夢はやがて桃の花弁が一面に舞い遮られた。嫣舜が遠く遠く離れていくように見える、咄嗟に男が嫣舜の名を呼びながら手を差し出すが、自分の右手はどこかに落としてきたかのように無くなっていた。
「嫣舜…!」
男は声を荒げて目覚めた。酷い眩暈と頭痛に襲われるが、囲炉裏の反対側に居る人影が軽く「ひっ」と言った声で我に返った。小屋の中にも桃と酒の香りが漂い、僅かながら小川の流れる音が聞こえていた。恐る恐る人影は男の方に近づきながら、
「良かった…、気が付かれましたか。」
桃色の基調とした民族衣装のような衣服は所々茶色の装飾がされていた。目は細めで頬はうっすら赤味が差していた。
「ああ…、ここは…?」
「ここは桃花源と言って、現世の人が桃源郷、と呼ぶ所です。」
「なんだって…、そんな所が…。」
男は呆気にとられた表情になった。
桃源郷――、桃の花が咲き乱れ、いつも春のような気候で川には酒が流れ楽園のような世界だとされる。人々の渇望が生み出した空想の産物だと男は思っていた。
「申し遅れました、私は朱梛と言います。」
そう言いながら男の方へ向かおうとすると足下にあった徳利を引っかけ躓きそのまま男の方へ倒れてきた。男は咄嗟に受け止めようとした時、自分の右手が無い事に気付いた。
「あ…、すいません。」
朱梛は耳まで真っ赤にしてすぐに男から飛び退けたが、男は右手が無く、そして時折疼く痛みが自分が感じた地獄のような光景が現実のものであった事を認めざるを得なかった。それはまるで触れただけで切れてしまいそうな刃物を喉元に突きつけられている感覚に良く似ていた。燃え落ちる村も、友や親の死も、そして嫣舜も――。男は大切な事を思い出した。焼け跡から見つけた腕輪、自分のものは右手と共に消えてしまったが、嫣舜のものであった腕輪は自分が持っていたはずだった。
「腕輪…は、知らないかな?」
男は照れている朱梛に構わずに訊いた。
「腕輪ってのはこれの事かのー、相当強い力で握ったままじゃったから剥がすのに苦労したぞい。治療に邪魔なんで儂が預かっておったわ。」
男の背後には何時の間にか小兵の老人がいた。そう言って手渡された腕輪は煤けていたのが嘘のように美しく磨かれ、傷も無くなっていた。
「これは…、貴方は一体…。」
「先生、何処にいってらしたんですか!」
朱梛が老人の所に駆け寄って言う。
「はは…、ちょっと酒を汲みにな…、儂は憬惺。世捨て人よ。」
「そんな…、道術、医術、果ては宿曜まで通じて天界の軍師までされていた方が…!」
「宮仕えはもうまっぴらさね。今はただの飲んだくれ爺じゃよ…。」
憬惺と名乗る老人は真っ白い髭を撫でながらにたりと笑った。
「導師様、ですか?」
老人の横で朱梛がこくこくと激しく首を上下に揺すっていた。
「私の命を救って頂き有り難く思います。無礼とは思いますが…、出来れば私めに退魔の法を教えて頂けないでしょうか!」
男はその場に傅き憬惺に向かって言った。腹の底から声を絞り出すかのような意気だった。
「残念ながら、それはできん。お主、仇討ちを考えておるのだろう? 折角拾った命だ…、しばらくここに逗留して構わないから傷を癒しながら良く考えてみるがいい。お主が生き残ったと言うことは生きて何かをせよ、という天命だとは思わぬか?」
憬惺はそう言うと徳利の酒をそのまま呷り呑んだ。
「それは解りますが…、それでも私にとってはそれが全てなのです…。」
「仇討ちなんてやめとけ、やめとけ…、お主は普通の人の身には入る事すら叶わぬ場所に居るのだから少しは楽しんだらどうだ? ま、朱梛のような精霊風情では恋心も沸かぬかの?」
白い髭に隠れた口を大きく開けて豪快に憬惺は笑う。
「せ、先生…。」
朱梛はさらに指先まで茹で上がったように赤くしてその場所から立ち去ってしまった。
「しばらく、此処に留まり今後の事を考えさせて頂きます…。」
男はそう言うとその場で深々と頭を下げたが、その表情は苦虫を噛みつぶしたような表情だった。
2-4の続きを読む
別窓 | ノベルズ | コメント:0 | トラックバック:0
| 正ちゃんを、おかわりっ! | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。