正ちゃんがこんなに美味だとは知らなかったのです!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
白銀の太陽、黄金の月(5)
2007-10-29 Mon 18:54
「オッスオラQちゃん!」
九曜がいつの間にか修理されている扉を開け大衆酒場に入る。
いつもの面々の中に世羽を見つける。
「またぼーっとしてるー、」
「あ、Qちゃん、どしたの?」
「またソル達の事考えてたの?」
九曜がテーブルについている世羽をのぞき込む。
「私は、あれで良かったのかな?」
「ん、どーだろ、飼育できない環境でもないし。
 それでも世羽君がそうしたのなら、間違いではないと思うよ。
 ハンターもそうだし、
 生きてるものは全て何かの命を奪わなければならない。
 だからこそ、生きているものは奪った分だけ生きなきゃねー」
そう言って九曜は珍しく真面目な顔をして見せた。
「そう言えば…Qちゃんあの時何話してたの?」

黒曜石のモニターがニュースに変わる。
-「最近希少種のリオレウスとリオレイアが猛威をふるっているようです。
  目撃者、生存者の証言によりますと、
  サマーソルトをブレス吐きながらやってみたり、
  バックファイアまで両方の火竜がこなしている模様です。
  なお、高度な調合技術まで持っているようで、
  ほとんどの回復、補助系アイテムまで使いこなしているようです。
  しかしながら遭難者をBCまで運んでいたり、
  どうやら害意を持った者にのみ強烈な攻撃をしてくる模様です。
  では、次のニュースです-」

世羽は口を開けたまま水を含み、むせかえった。
「Qちゃん…まさか」
「あははー、そう、私の知ってる調合教えたのよん!
 二人とも元気そうで良かったじゃない!
 元々飛竜族は頭もいいし、
 あの子たち、私たちが話してることちゃんと理解してたよ?」
そう言って九曜は満面の笑みを浮かべた。

ふと世羽が九曜を見ると、九曜の下腹部がほんの少しだけ、
ほんの少しだけ膨らんでいる事に気付いた。
「そのお腹…どしたの?」
「ん ? で き ち ゃ っ た !」

おわり
スポンサーサイト
別窓 | ショートショート | コメント:0 | トラックバック:0
白銀の太陽、黄金の月(4)
2007-10-27 Sat 16:48
翌日早朝。
まだ空は深淵の碧さで埋まり、
星と月の明かりが辺りを薄く照らしていた。
「しかし、9ちゃんはこんな時間に元気だなぁ」
「私元々朝方だからねー。」
「んで、昨夜君たちは何を話してたのかなー?」
世羽は交互に火竜の兄妹と九曜を見る。
「えへへー、それはナイショ!」
九曜は何やら火竜の方を見る。
視線の合った一人と2頭は怪しい笑みを浮かべていた。

強行型ネコ車と快速気球を乗り継ぎ、
世羽たちが森丘に着いた時には空は薄いオレンジから抜けた青空が覗いていた。
「9ちゃん、通訳お願いね。」
九曜は無言で頷くと、火竜の前に立った。
もう大人よりも少し大きくなった兄妹はじっと世羽を見つめていた。
「ボクはルナとソルのママじゃないんだ。
 もう見た目でも解っていると思う。
 でも悲しむ事はない。
 この美しい世界で君たちは、
 これから力を合わせ、
 生きていって欲しいんだ。
 ボクは…ボクはそれでもキミたちを愛しているよ。
 でも、一緒には生きていけないんだ。
 ボクは…キミたちを狩るハンターなんだから…
 ハンターと竜は共には生きていけない。
 ボクのたった一つのお願いがあるんだ。
 辛いこともあるだろう。
 でも、たくさんの現実や外敵に負けないで欲しい。
 最も大切なことは『生き延びること』
 そして自分たちも沢山の子供を産んで欲しい。」
ルナは時折九曜の言葉を聞きながら、
消えそうな声でキューと鳴く。
「さぁ、もっと奥にねぐらに良さそうな洞窟がある。
 キミたちはキミたちの世界へ還るんだ!」
自分の未練を振り払うように世羽が声を荒げる。
火竜の兄妹は九曜に何か伝えると、
「マ…マ… バィ…バィ…」
と聞こえるような鳴き声を上げて空高く舞い上がっていった。
風圧の消えた後にはカンタロスの軋り声だけが響いていた。


続く
別窓 | ショートショート | コメント:2 | トラックバック:0
白銀の太陽、黄金の月(3)
2007-10-25 Thu 14:18
数日後。
眩しく蒼い空の下、広場の食材屋の前で九曜は世羽に会った。
「あー…太陽が黄色いなー…」
朦朧とした表情で世羽は九曜に気付いた。
「ん、世羽君、寝てないの?」
「夜がさー…寝てはくれるんだけど
 寝ながら暴れるというか…
 サマソなら可愛いんだけど火吹かれると火災になるでしょー・・」
「あーなるほどー
 じゃあこれからお邪魔しちゃうからその間にねなさー」
「うん、トイレとかは大丈夫だし、
 脱皮はしたら自分でなんとかしてるらしいし、
 食事はケルビおいといたら勝手に食べてるしねー・・」

「んで、名前付けたの?」
九曜が金色の飛竜の喉元をくすぐりながら訪ねる。
「あー…付けてないねー」
「よし、無いと不便だから付けちゃおう!
 キミはキョロちゃんだ!…あだだだだだだ!」
名前が気にいらなかったらしく、激しく九曜の頭にかぶりついていた。
「んじゃルナとソルでいいんじゃないかなー」
「なんか防具を連想しそうな名前ねー・・」
だが二頭は嬉しそうにキューキューと鳴いている。気に入ったようだ。

「あーやっぱり9ちゃんも寝てるじゃないか・・」
その後すぐに世羽は仮眠を取り、
部屋に戻ってみると九曜は大の字になって眠っていたし、
ソルとルナは寄り添うように丸くなって眠っていた。
「あー・・ごめん・・」
開ききっていない目をしばしばさせながら、九曜は起きあがっていた。
「ま、何も起こらなかったし、いいか。
 なんか食べようかー」
「あ、私が作るよ、ネコ飯じゃ飽きるでしょ?」
「そりゃ有り難いけど…ゲテモノは勘弁ね?」
「あはは…一応聞いておくね」

銀シャリ草にファンゴの出汁を含ませ、
ザザミソとギザミのほぐした身のリゾットを二人は食べていた。
そのそばのテーブルでは、
こんがり焼かれたポポの肉を兄妹が美味そうについばんでいた。
「ねー、9ちゃん。」
「んー?」
リゾットをすすりながら九曜は世羽を見た。
「私ね、ソルとルナを野生に帰そうと思うんだ。」

続く
別窓 | ショートショート | コメント:1 | トラックバック:0
白銀の太陽、黄金の月(2)
2007-10-24 Wed 16:38
「ところで、なんで9ちゃんは竜の言葉わかるの?」
pkが怪訝そうに訪ねた。
「えへへ…、
 なんとこっそりと『みんなのハンター通信竜族語講座』で勉強してたですよ!」
九曜が思わず得意げにのけぞる。
「…うさんくさい…」
誰もがそう呟かざるを得なかった。
「ん、みんな揃って何やってるんだい?」
酒場の扉があった所に帷子の上に白衣を羽織った男がいた。
「あ、ロド先生、こんばんは!」
彼はロドニー言い、ハンターを続ける傍ら医者のような事をやっていた。
そのため、親しい人間は彼を先生、と呼ぶ。

「ふむ…面白い話だな。」
黄金酒を呷りながらいきさつを聞いたロドニーは爽やかに微笑んだ。
「先生、人間が飛竜を産むなんて事あるの?」
「はは、まずないだろうね、異種間交配したいのなら止めはしないがね。」
「異種間交配…私フルフルとの子供が欲しいッ!」
九曜が恍惚とした表情で呟く。
「えー…妄想モードに入ってる人間は置いておいて、
 じゃあこの兄妹は嘘をついてまでわざわざここまで来たとでも?」
世羽が飛竜の兄妹にグルーミングされながらロドニーに訊いた。
「ん、心当たりないのかい?
 例えば…孵化したばかりの幼生に見られた、とかね。」
「あっ…すり込み…?」
「飛竜がすり込みされる、という話はまず無い事ではあるが…
 その理由は孵化する時のリオレイアの気性が非常に荒いせいもあるんだがね。
 希少種の発生については諸説あって定かではないが…
 そういう事じゃないのかな?
 ま、良くなついてるようだし、しばらく一緒に居ながら考えてみたらどうかね?」
そう言ってロドニーは席を立ち、酒場を後にした。
床下にめり込んだクロは酒のせいもあってまだ眠りこけていた。
なつく飛竜の兄妹を交互に見ながら、
世羽はこれからの事を考えて少し眩暈がした。

続く
白銀の太陽、黄金の月(2)の続きを読む
別窓 | ショートショート | コメント:0 | トラックバック:0
白銀の太陽、黄金の月(1)
2007-10-23 Tue 18:25
目映いばかりの星空と蒼く美しい月明かりの夜、
大衆酒場ではいつもの面子がザザミのグラタンを肴に黄金酒を呑んでいた。
ギルドマスターはすっかり船を漕いで居る様子で、
辺りの喧噪など気に留める様子などない。
酒場の安っぽい扉が酷い音を立てて開け放たれ、
もう閉まる事などないくらい蝶番から剥離してしまっていた。
かつて扉だったものが空席のテーブルに派手な音をたてて落下し、
一同扉に注意を払う。
そこには、金色と銀色の丁度4歳児ほどの大きさの竜がいた。
「な、なんで飛竜がこんな所に…」
「か、カワイイー!」
九曜はおもむろに2体の飛竜に抱きついてほおずりしはじめた。
当然、世羽、クロ、pkはそれぞれの武器を手に取る。
飛竜は思い切り迷惑だ、と言わんばかりの表情をしている。
「この色は稀少種か…?この大きさでも棘と骨髄なら取れるな…」
クロがそう呟くと
「だめええええ!」
という九曜の声と共にクロと呼ばれていた物体は床にめりこんでいた。
おやすみベアーの効果でクロは床下で寝息を立てている。
と、そんな二人を尻目に2体の飛竜はととと…と、
愛くるしい歩き方で世羽の所へ駆け寄ってきた。
潤んだ瞳がじーっと世羽の顔を上目遣いに見つめている。
「ふん…ふん…ふん…」
九曜がしぎゃーしぎゃーと鳴く飛竜の声に相づちを打っている。
「んーと…、《ママ、逢いたかった!》って言ってるよ?」
「「ええええええええええええええええ!!!!????」」

続く(マジで)
別窓 | ショートショート | コメント:3 | トラックバック:0
ネコメシ
2007-10-18 Thu 13:40
「ご主人さま~お待たせしましたニャー」
食器が乾いた音をたてながら食事が運ばれてくる。
今日は米虫と長寿ジャムを使った絶妙のオッタマケーキだ。

スプーンで湯気の上がったケーキを口に含む。
とろけるようでいて、そして少し奥ゆかしい甘みが…


くどいッ!くどいぞッ!

「給仕ネコ342号。」
「はい、ご主人様」
一見すれば狸の置物に見えなくもないネコが
器用に二本足でととと…と小走りで私の元へやってくる。
「君、長寿ジャムの配分間違えたね?」
私の顔は恐らくにやけているだろう。
そして眼光のみ冷たく光る。
「ニャ、それは…間違えたかも…ニャ」
「じゃ、ちょっとキッチンへ行こうか?」
「ニャ、ご主人様、それは勘弁ニャ!
  あ、やめて、許してニャ~~~!!」
流石はネコだ。ひきずるにも軽くていい。

ちょっと野太い給仕ネコ342号の悲鳴がドンドルマに響いた。

「9ちゃーん、ごめ、なんか食べさせて!
 長寿ジャム切れちゃって…」
「ん、丁度ご飯してたからいいよー」
「あれ、いつものメニューじゃないね、何食べてるの?
   そう言えば…また給仕ネコいないね?」
「さぁ…繁殖期だしね・・また探さないと。」
「だねー・・で、何食べてるの?」
「ふふ…ヒ ミ ツ」
別窓 | まったり | コメント:0 | トラックバック:0
LongLongAgo!
2007-10-14 Sun 16:24
ある日、pkと言うハンターが密林の海岸を歩いていると、
傷だらけのガノトトスが居た。瀕死のトトスは威嚇の為にpkを攻撃してきた。
だが、pkは己が傷つく事を畏れず、トトスを介護した。
一命を取り留めたトトスはpkと心通わせ、
ついにはフュージョンする事に成功したッ!
そう、カイザートトスの誕生であるッ!(9割トトスだけどね)
トトススプラッシュは岩盤も打ち抜きッ!
トトスセイヴァーは金剛石も切り裂くッ!
そしてッなんと親友の亜種とのシンメトリカルドッキングにより、
さらなる強化が可能だッ!(そのパワー4乗)
戦え!僕らのカイザートトスッ!
ゆけ!僕らのカイザートトスッ!
古龍種稀少種なんて怖くないッ!
ドンドルマの平和を守るんだッ!

提供:元老院
レシピ:水竜の上ヒレ×30
     砂竜の上ヒレ×10
     水竜の上鱗×50
     ユニオン鉱石×50
     ドラグライト鉱石×40
     カラブライト鉱石×60
     溶岩竜の上ヒレ×10
     …Etc          
別窓 | ショートショート | コメント:2 | トラックバック:0
9CN
2007-10-11 Thu 18:08
「みなさん、こんばんは。夜の9CN(9 Channel News)のお時間です。
 今日未明、先日から雪山で消息を絶っていた一星ハンターのクロさんが、
 山頂付近でブランゴに猿団子されているところを無事、保護されました。
 クロさんの話によると、
 先日ドドブランゴを狩りに「捕獲?そんなヌルい事しねーよw」と出かけたそうですが、
 山頂付近で謎の黒い大猿が「クリ○ンのことかーーーーーーーー!」
 と突然訳のわからないことを喚き突然金色になって口から怪光線、
 タメなしの元気玉を出会い頭にぶちかましたそうです。
 クロさんは不覚にも気を失い、
 気が付けばブランゴに囲まれすっかり意気投合した、との事です。
 幸いクロさんには目立った外傷もなく、「今度はキリンに死んでも乗る!」と
 元気なさまを語りました。
 さて、次はトトス予報です。付近の釣り人は警戒してください…」
九曜は黙って映像受信黒耀石の電源を切った。
「あの人…最近見ないと思ったら…」
別窓 | ショートショート | コメント:2 | トラックバック:0
2007-10-10 Wed 19:29
「お、9ちゃん、おはよう」
とある昼に近い午前。九曜は遅い朝食をとっていた。
「あ、pkせんぱいおはようございますー、むむ!」
骨付き肉を囓ったまま九曜はpkを見るとあることに気付く。
そう、彼の防具がいつもの青甲冑(ギザミ)ではなく
白ラン(フルフル)になっているのだ。
「せ、センパイ…これは…」
そう言って骨を皿に投げ入れた九曜の瞳は怪しい熱を帯びていく。
「あー新調したのさ!」
いつものさわやかな笑顔でそう言うと同時に
「ね…ほおずり…しても…いいかな…?」
九曜の呼吸は心なしか荒くなっていた。
「あ、ああ…いいけど…」
pkの笑顔は明らかにひきつっていた。
「あぁ…いい…いい…この肌触り…
 アっふぅ~ン…」
スリスリ

pkはひきつった笑顔の中で
「この娘とは関わりたくない」
  ほんの少しだけ思った…
別窓 | まったり | コメント:3 | トラックバック:0
2007-10-06 Sat 17:00
--辺りは肌寒く、遠くから何かのいななきが聞こえる。
 うっすらと明かりと暖を与えてくれるたき火が乾いた音をたてていた。

 足音。手元の太刀を握り、音のした方へ目をやると、
 紅く染まった甲冑の戦士がいた。
「やあ。おはよう」
「おはよう。」
 お決まりの挨拶を交わす。
Y嬢は決まって何時の時間もおはようだな、とふと思う。

 黙ってY嬢はたき火の反対側に腰掛けると、黙って火酒を呷った。

 夜の青さから日がうっすらと昇りはじめ、
 青から黄色への無限のグラデーションが広がり
 二人はしばらくその光景を見つめていた。
「私は、この光景が好きでね。
 何より美しさとあくまで自分が自然の一部だと感じる。
 そして真理と神について考えさせられるんだ。」
 Y嬢は黙って懐から先程切り出してきた
 フルフルの霜降りを差し出す。
「食べないかい?」
 二人はたき火で霜降りをさっと炙り口に含む。
 実に刺激的な味が火酒にあう。
「私は…、私は一体何を目指していたんだろうか。
 結局の所、高みを目指してみても、
 それは夢だったような気がする…。」
「どうしてそう思うの?」
そう言いながらY嬢は弓の手入れをはじめた。
「どうだろう…?
 高みを目指すには仲間がいる。
 そして共に歩んで向上しかたった…
 でも結局それは私の押しつけだった、からかな?」
カキン、と太刀の鞘を鳴らす。
それはまるで今までの嗚咽のように絞り出すかのように。
「それが解っただけでもいいんじゃないかな?
 だって見てごらんよ。
 未だに熱に浮かされた人の方が多いんだよ?」
「それが夢だとしても?」
「みんな夢から覚めたくないのさ。
 そしてもうその夢が終わっても 
 その事に気付かないようにしている。」
気付けば私は泣いていた。
伝わる人には言葉少なくとも伝わる事はある。
そして多くの人にはその真意は伝わらないものだ、と。
「さぁ。行こうか。
 今日は大雪猿の牙を取りにいくんでしょう?」
別窓 | ぐだぐだ・・ | コメント:2 | トラックバック:0
| 正ちゃんを、おかわりっ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。