正ちゃんがこんなに美味だとは知らなかったのです!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
白銀の太陽、黄金の月(4)
2007-10-27 Sat 16:48
翌日早朝。
まだ空は深淵の碧さで埋まり、
星と月の明かりが辺りを薄く照らしていた。
「しかし、9ちゃんはこんな時間に元気だなぁ」
「私元々朝方だからねー。」
「んで、昨夜君たちは何を話してたのかなー?」
世羽は交互に火竜の兄妹と九曜を見る。
「えへへー、それはナイショ!」
九曜は何やら火竜の方を見る。
視線の合った一人と2頭は怪しい笑みを浮かべていた。

強行型ネコ車と快速気球を乗り継ぎ、
世羽たちが森丘に着いた時には空は薄いオレンジから抜けた青空が覗いていた。
「9ちゃん、通訳お願いね。」
九曜は無言で頷くと、火竜の前に立った。
もう大人よりも少し大きくなった兄妹はじっと世羽を見つめていた。
「ボクはルナとソルのママじゃないんだ。
 もう見た目でも解っていると思う。
 でも悲しむ事はない。
 この美しい世界で君たちは、
 これから力を合わせ、
 生きていって欲しいんだ。
 ボクは…ボクはそれでもキミたちを愛しているよ。
 でも、一緒には生きていけないんだ。
 ボクは…キミたちを狩るハンターなんだから…
 ハンターと竜は共には生きていけない。
 ボクのたった一つのお願いがあるんだ。
 辛いこともあるだろう。
 でも、たくさんの現実や外敵に負けないで欲しい。
 最も大切なことは『生き延びること』
 そして自分たちも沢山の子供を産んで欲しい。」
ルナは時折九曜の言葉を聞きながら、
消えそうな声でキューと鳴く。
「さぁ、もっと奥にねぐらに良さそうな洞窟がある。
 キミたちはキミたちの世界へ還るんだ!」
自分の未練を振り払うように世羽が声を荒げる。
火竜の兄妹は九曜に何か伝えると、
「マ…マ… バィ…バィ…」
と聞こえるような鳴き声を上げて空高く舞い上がっていった。
風圧の消えた後にはカンタロスの軋り声だけが響いていた。


続く
スポンサーサイト
別窓 | ショートショート | コメント:2 | トラックバック:0
<<白銀の太陽、黄金の月(5) | 正ちゃんを、おかわりっ! | 白銀の太陽、黄金の月(3)>>
この記事のコメント
む、まだ続くんだ
2007-10-28 Sun 22:43 | URL | pk@first #-[ 内容変更]
もうちょっとだけ続きまふw
2007-10-29 Mon 04:14 | URL | 九曜 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 正ちゃんを、おかわりっ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。