正ちゃんがこんなに美味だとは知らなかったのです!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
白銀の太陽、黄金の月(5)
2007-10-29 Mon 18:54
「オッスオラQちゃん!」
九曜がいつの間にか修理されている扉を開け大衆酒場に入る。
いつもの面々の中に世羽を見つける。
「またぼーっとしてるー、」
「あ、Qちゃん、どしたの?」
「またソル達の事考えてたの?」
九曜がテーブルについている世羽をのぞき込む。
「私は、あれで良かったのかな?」
「ん、どーだろ、飼育できない環境でもないし。
 それでも世羽君がそうしたのなら、間違いではないと思うよ。
 ハンターもそうだし、
 生きてるものは全て何かの命を奪わなければならない。
 だからこそ、生きているものは奪った分だけ生きなきゃねー」
そう言って九曜は珍しく真面目な顔をして見せた。
「そう言えば…Qちゃんあの時何話してたの?」

黒曜石のモニターがニュースに変わる。
-「最近希少種のリオレウスとリオレイアが猛威をふるっているようです。
  目撃者、生存者の証言によりますと、
  サマーソルトをブレス吐きながらやってみたり、
  バックファイアまで両方の火竜がこなしている模様です。
  なお、高度な調合技術まで持っているようで、
  ほとんどの回復、補助系アイテムまで使いこなしているようです。
  しかしながら遭難者をBCまで運んでいたり、
  どうやら害意を持った者にのみ強烈な攻撃をしてくる模様です。
  では、次のニュースです-」

世羽は口を開けたまま水を含み、むせかえった。
「Qちゃん…まさか」
「あははー、そう、私の知ってる調合教えたのよん!
 二人とも元気そうで良かったじゃない!
 元々飛竜族は頭もいいし、
 あの子たち、私たちが話してることちゃんと理解してたよ?」
そう言って九曜は満面の笑みを浮かべた。

ふと世羽が九曜を見ると、九曜の下腹部がほんの少しだけ、
ほんの少しだけ膨らんでいる事に気付いた。
「そのお腹…どしたの?」
「ん ? で き ち ゃ っ た !」

おわり
スポンサーサイト
別窓 | ショートショート | コメント:0 | トラックバック:0
<<今更ですが! | 正ちゃんを、おかわりっ! | 白銀の太陽、黄金の月(4)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 正ちゃんを、おかわりっ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。