正ちゃんがこんなに美味だとは知らなかったのです!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
色々あるさね。色々…
2008-02-01 Fri 15:25
ブログで何かを語る、という事について、
それはチラウラかもしれないし、
また気に入らなきゃ読まなければいい、というスタンスもある。
昔、とある動画職人に言われた事がある。
「自分の一度あげた記事は消したつもりでも絶対に消える事はない」
過去に自分も炎上するような事があった。
結局消している記事もある。
前述した言葉がまさに
「自分の吐いた言葉は決して消える事がない」という事とかぶる。

信長の野望という実に狭い範囲の中で、
実に奇妙なきっかけから信を辞めた現在でも尊敬して止まない人がいる。
ブログ、スタンス共に尊敬でき、そして最も影響を受けた気がする。

どういういきさつがあったのか知らないし、
またどういう経過で収拾したのかもわからない。
今ではお互いに語り合う事もなく、胸中もしる術がない。
結局の所、騒動の責任を取りブログは閉鎖すると言う。
閉鎖=責任とは私は思わない所もあるし、
本人も責任、という感覚ではないだろう。
エンターテイメントとしてのブログ、
という方向性が結局周囲に与える影響力の大きさで
その範囲が制限されつつあるのは本当に悲しい事だと思う。
とある天才作家が、その表現を大きく制限される事があり、
あげく断筆するといういきさつがあった。
結局は読み手の感性に委ねるしかない部分も大きいのに、
その単語一つが人を傷つける、という理屈だそうだ。

私自身はできる事なら多くの人を愉しませる、という意味も含めて、
そのままのスタンスで継続してくれる事を切に望む。
実際の所、
私のブログを含め読み手に不快感を与える事しかないものも多い。
そんな中期待を持って読め、なおかつ笑い、
時として学べるものは本当に貴重だと思う。
良い物ほど消えやすく、また本物は認められ難いと思う。








スポンサーサイト
別窓 | ぐだぐだ・・ | コメント:0 | トラックバック:0
<<エール | 正ちゃんを、おかわりっ! | タイトルなし>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 正ちゃんを、おかわりっ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。